王宝和酒家(Wang Bao He Jiu Jia, ワンバオフージウジア )に子連れでランチに行ってきた

【2019年8月】

せっかく上海蟹にきたので食べたい。ぐるなび上海でも予約ができるそうですが、ホテルのコンセルジュに前の日に予約をお願いして、開店時間の11時きっかりに訪れました。そこまで席数が多い訳でもなく、旬の季節は席が埋まってしまうというのも納得です。個室もあるそうですが、今回はメインのフロアにある普通のテーブルでいただいた次第です。メリディアンのコンセルジュはお店の名前と、予約したい時間、人数を紙に書いて渡したら、その場で数分もかからずに予約してくれました。実際に11時に到着すると、予約のだろ?的なリアクションですぐに席に通してもらえた次第です。

席についてメニュー表をみると色々な上海蟹のメニューが。しかしまるごと茹でたと記載のあるメニューが見当たらない。どうやら時価のようで、メニューの最初に記載のまるごと上海蟹の絵が書いてあるものを指して、これをくれと言ったら蟹一杯でいくから教えてくれました。注文後に少しまってると、茹でる前に生の状態を見せてくれる。

111

この蟹が、、、、

11223

こうなる。真っ赤の美味しそうな蟹である。食べ方はネットにあるので、それをみながら食べた。手足をきって、それからまずは足を分解して食べていく。中の身は赤くならずに若干の黒のままなのが、普段食べる蟹の身と違うところかもしれない。

222333

カニ豆腐も美味しかった。カニ味噌も入ってるし、豆腐も美味しいし、なにより子供ががっついて食べていた。すごいぞカニ味噌豆腐。

222

チャーハンはこちらである。これもかにチャーハン。カニ好きにはたまらないのではないだろうか。我々もあっという間に食べてしまった。ところでチャーハンが二玉ぶんよそってきったので、もしかして間違えて倍頼んだかと心配になったが、どうやらこれがデフォルトらしい。

さらに口休めの青菜炒めだが、これはサイズが小さく素晴らしい。小さいチンゲンサイ。

233444

中国茶もポットで注文。この日は青島ビールを二本、紹興酒(飲みきれずに持ち帰り)ときて、最後に中国茶(鉄観音)である。子供向けにはオレンジジュースの小瓶があるので、それをお願いした。ただ、ストローとかはないので、持ってきてたほうがいい。ベビーチェアはあるので、そこは安心できる。

2222333

小籠包は今回の旅で唯一食べた美味しい点心かもしれない。ホテルでたべる肉まんなどより圧倒的である。また食べたい。

3444

これだけ食べて793CYN。クレジットカード払いで15.442円/CNYだったので、合計12300円ぐらいでした。


Yummy

1階に席があるので、ベビーカーごと入店できました。ハイチェアは少し立派な感じで中華料理を食べに来たって感じでした。他のご家族も子連れできていたので、安心していれました。

食事はとにかく美味しい。上海蟹は小さくて身をほぐすのも大変ですが、美味しかったです。豆腐炒めや炒飯にはほぐし身がたっぷりはいっていました。紹興酒で蟹の甲羅酒もできてよかったです。紹興酒もお店のラベルでした。

中国茶は種類が沢山ありすぎてよくわからず、唯一わかった「鉄観音」にしてしまったら結構いい値段がしました・・・でも、美味しかったです。

また、上海蟹を食べに行きたいです。

場所も南京東路からすぐでアクセスもしやすいとことだと思います。

Tammy

今回の上海旅行で一番美味しいお店だった。豫園からベビーカーと一緒に歩いて30分ほど、ホテルには10分程度のロケーションだった。9月からシーズンになるとものすごい混むらしいので、子連れはこのぐらいの時期がちょうどいいのかもしれない。お店の人たちもフレンドリーな感じなスタッフもいらっしゃってよかった。東京のニューオータニでも同じく王宝和酒家の上海蟹を使った特別企画があるらしい。結構いい値段がする気がする。


スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする