中野駅前にできた「肉そば ナミキ(NAMIKI)」で立ち食いラーメンを食べる

【2019年4月】

中野駅南口でてすぐ右手にオープンしました。

バーだった約10平方メートルの狭小店舗にオープン。店舗の約半分は調理場で、残りが立ち食いエリアとなる。 主力メニューは「背脂(せあぶら)入り肉そば」(500円)で、さば節や焼きあごなどを使った和風だしの日本そばに、豚バラ肉、もやし、ねぎ、豚の背あぶらを合わせている。「肉増し」「背あぶら無し」「出汁そば(肉無し)」も選べる。 -中野経済新聞

狭さが尋常じゃないですよね。ちょっと前までバーだったのに気づくとラーメン屋になってました。

最近は中野の中華そば系は入れ替わりが多いような気がしてしまいます。

さてNAMIKIですが、「中野発祥背脂肉そば」らしい。

中野発祥なのか。なぜ中野なのかは書いてないので、よくわからない。

1

値段が一杯550円と比較的安く見える価格帯です。たちぐいなので、そういうものか。

個人的にはカウンターが低いので食べづらかった(当方180cmぐらい)。もう少し大きくしてもよかったんじゃないかなと。

112

とりあえず食券で購入して、店員さんに渡すとでてくる。

少し早い時間にいってしまったので、若干準備中感があった。

食べ方は途中でショウガいれるといいとあって、カウンターのを入れたけど、普通にショウガでしたね。スーパーとかに売ってる感じの、チューブ系のやつと一緒。あとは辛味噌的なのも書いてあった記憶があったが、時間帯のせいか並んでなかった。

https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13231653/

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする