竹富島のそば処「竹の子」でお昼を食べる

【2017年4月】

晴れやかの空の中、お昼はたけのこです。

1

お店に入ると人で一杯。

なので、外のリストに名前を書いて待つことにします。

11時半過ぎに私達はきましたが、どんどん人がやってきました。

店員さんに呼ばれて店内へ。

メニューから料理を選びます。セットのご飯は”ジューシー”です。

沖縄料理のジューシー(本来の方言名はジューシーメー)は雑炊(雑炊飯)の転訛であるとされる。ただし、生米から炊き上げる通常の炊き込みご飯も、水分の多い雑炊も共にジューシーと呼称される。厳密にいえば、炊き込みご飯はクファジューシー(固いジューシー)、雑炊はヤファラージューシー(柔らかいジューシー)と区別される。 本土の炊き込みご飯との大きな違いは炊き上がりにラード(あるいはマーガリン)を大量に加えることで、具材は三枚肉、ヒジキ、ニンジン、シイタケ、こんにゃくなどが定番である。 via wikipedia

まぁ、めっちゃ油ってるわーと思いつつ、やはり沖縄にきたら頼んでしまいます。

ソーキそばにジューシーをセットで

3

八重山そばのランチセット

5


Yummy

じゅーしーと沖縄そばを一緒にたべられて、沖縄にきたなーと思いました。ランチセットはもずくと甘味(水餅みたいな)がつきました。島内の人気店なようで、外で少し待ちましたが、おいしかったです。

Tammy

なんとなくソーキそばを頼みましたが、Yummyのランチセットみて、こっちにすればよかったとか思いました。しかしまぁ、沖縄にくると常に沖縄そばを食べ続けることになるのが不思議です。


そば処 竹の子 (竹富町その他/沖縄そば)
★★★☆☆3.68 ■予算(昼):~¥999

コメント

タイトルとURLをコピーしました