1歳子連れでハワイのアウラニディズニーリゾートアンドスパに行ってきた

【2018年10月】

ハワイといえばディズニー、ということでアウラニへ。

ホノルルからの移動

ホノルルから車で1時間程度、西方向へ移動しコオリナ地区というところに向かいます。

コオリナ地区はハワイの第2のリゾート地ということで、多くのバケーションクラブホテルがあります。私たちは当初、タクシー移動を考えていましたが、

ホノルルのストライキの影響によりワイキキマリオットリゾート&スパに宿泊先を変更したご縁で、

コオリナのマリオットまで送迎してくれる・・・というバケーションクラブの勧誘に便乗し、

一応、無料で移動することができました。勧誘の話は、また違うページにて・・・・笑

コオリナ内はホテル間を循環する無料シャトルバスが運行しているので、マリオットからアウラニディズニーまではこちらを利用しました。

シャトルバスなので、荷台があるわけではないのですが、トランクも無理やり座席に乗せてくれて助かりました。

アウラニディズニーリゾートアンドスパについて

第一印象として、とてもシックで落ち着いていて、メルヘンチックなディズニーとはだいぶ違う印象です。

ハワイの文化をとても大切にしていて、自然と融合できるような感じになっていましまた。

ですが、細部に隠れミッキーがいたり、ディズニーファンとしては探す楽しみがあってうれしかったです。

3

到着すると、レイをかけてくれて、リゾート感満載でした。

お部屋も広々としてよかったですが、ベッドがとても高くて、大人も2段くらいの台を使わないと登りにくい高さでした。

そのため、添い寝をするのも少し怖かったです。壁に付いているタイプのベッドだったので、おそらくどの部屋も同じ高さのような気はしますが、子連れで滞在するには難易度高めな気がします。

ベビーベッドは折りたたみ式の簡易型で、自分で組み立てて使いました。

お部屋の中にはミッキーの形にタオルが置かれていたり、いろいろ可愛さが散りばめられていました。

テーブルの上には木彫りミッキーがいました。若干北海道の木彫り熊みたいでしたが・・・

小学生くらいまでの子連れや、カップル、女性客が多かった印象です。

大型のスライダーがあるわけでもないので、ゆったりのんびり過ごすのにいいところだと思います。

物価は、リゾートだけあって高め。ホノルルと大して変わらない感じです。

ただ、飲み物に関しては、リフィルマグを購入すると、いろんな場所で飲み物を入れられるので便利でした。

このリフィルマグは、傾けるとこぼれるので、取り扱いに注意が必要です。

1

キャラクターグリーティング

私たちは、マカヒキというレストランのモーニングを出国前に予約していました。予約したのは2ヶ月ほど前だったと思います。予約はインターネットで簡単にできました。

モーニングとディナーでキャラクターグリーティングビュッフェをしています。

モーニングでは、ミッキー、ミニー、グーフィーに会うことができました。

ディナーはドナルド、チップとデール、スティッチとかだったかな。

みんな、ハワイアンスタイルな衣装でとってもかわいい!!!特にミニーちゃんの水色のムームーは可愛かったです。

2

会場につくと、まずは、ミッキーと記念撮影。かなりの枚数を撮ってくれます。もちろん、携帯とかでも撮ってくれます。席に着くと、ビュッフェなので好きに取りに行けます。

キャラクターたちは、子供向けに歌を歌いながら行進したり、一緒に遊んでくれたり、とても楽しめました。

テーブルもまわってくれて、写真を一緒に撮ってくれます。カメラマンさんも写真をとってくれて、CDに焼いてくれたものを30ドルくらいで購入できます。

朝食の写真だけで30ドルも・・と思いますが、帰国後にフォトパスの値段を見てこの30ドルは比較的安かったのかも。。。と思ってしまいました。

あとは、プールサイドでのイベントで、ミッキーとミニーに会えました。

プールサイドやビーチでは定期的にイベントをしていました。毎日のタイムスケジュールが新聞みたいな感じであるので、チェックしてその場所にいくと参加できます。

モアナにも会えるイベントがあったような気がします。。。

1歳のタイムスケジュールとイベントのスケジュールを合わせるのはなかなか大変なので、たまたま合ったらラッキーくらいなかんじでフラフラ巡っていました。

プール&ビーチについて

プールエリアで、1日に1度リストバンドをもらいます。そのときに、バスタオルなどももらえます。

子供用の浮き具も借りられるので、持っていく必要はありません。

1歳児が遊べるプールは1箇所。ウルカフェのすぐそばに、水深2cmくらい?の遊び場があります。小さな噴水がたくさんあって、いろんな動きをする水に興味津々で楽しんでいました。

ビーチでは、海に入るというより、砂遊びを満喫。ミッキーのお砂場グッズもゲットしてとても楽しそうに遊んでいました。

流れるプールを浮き輪に乗って1周しましたが、怖かったのか、ガクブルとしかめ面で1周終わったそうです。

4

レストランについて

一番よく使ったのが、「ウルカフェ」です。レストランというか、コンビニに近い感じですが、ピザなど軽食も充実しています。

またランチのポキ丼(まぐろ丼)が一番美味しかったかもしれません。

電子レンジがあるので、こどもの離乳食を温めるのにもよく通いました。パンもここでかうことができ、ミッキーモチーフのドーナツなどかわいいものも売っていました。

テラス席みたいな感じですが、ベビーチェアも使えて便利でした。

1日目のディナーに「アマアマ」というビーチサイドのレストランにいきました。シーフードがメインのお店。ビーチサイドでオープンテラスだったので風が遠て気持ちが良かったです。味も美味しかったです。

時間帯にもよるかもしれませんが、ハワイアンソングを生演奏したりしていました。

6

2日目の夜は「オレロルーム」へ。ここは入り口はわかりにくい。。。。というか、オープンすぎてお店という認識がなかったのですが、モーニングに利用した「マカヒキ」の真横のバーカウンターのところが「オレロルーム」でした。

モーニングの時間帯はミッキーのグリーティングスペースだったような気がします。サクッと飲む感じの場所ですが、こちらも、ちょっとした生演奏あり。しかもディズニーソングのハワイアンバージョンで癒されました。

メニューはチキンウィングなど、ほんとうにおつまみ系なので、夕食という感じではないかもです。

ベビーグッズについて

レストランにはベビーチェアがあるのでどのお店に行っても問題なしでした。

ベビーカーのレンタルが無いのは残念でした。館内移動だけなので、1歳児だと少し歩かせたり抱っこでもまぁまぁいけますが、プールサイドの外周が意外と長かったり、

通り抜けができそうでできなかったりしたので、ベビーカーに乗せたら楽だろうなーと思う場面もちらほらありました。

階段は少なめでバリアフリー設備は整っているように思いました。

子供用にオムツ用BOXとコンセントのプラグカバーは無料で貸してもらえました。良かったです。

ディズニーフォトパスについて

館内やプールサイドやキャラクターグリーティングなど、カメラマンが結構いて、いろんな場面で撮影をしてくれます。

写真は。現地や後でインターネットで確認して購入できるのですが、後でゆっくり選んでで購入しようとしたところ、1枚16ドル!!

高すぎてびっくりです。データでこの値段って。。。って思いました。まとめ買いの方法など、現地購入の方が圧倒的に安かったようで、反省です。

家族写真はちゃんととってもらったのが残るとうれしいので、カメラマンさんがとってくれるのは大変ありがたいです。ここ最近が子供の写真ばかりで家族写真をとりわすれることもしばしば・・。

スポンサーリンク
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です