シェラトン・プリンセス・カイウラニに宿泊した@ストライキ真っ只中

10月19-22日までハワイはシェラトンで宿泊をしていました。

深く考えないまま当日入りをし、気づいたら三日目になりチェックアウトをして今は別のホテル(避難先はマリオット)となっています。

4日目以降はシェラトンのロイヤルハワイアンに宿泊予定をしていましたが、直前でワイキキマリオットに切り替えています。

今日も通りを通ればストライキの方がいて、ネットのニュースなどをみると、話し合いが行われるであろう今週末までは続くのではないかと思います。

とりあえず宿泊した人間として感じた体験談(10月19-22日)までの体験を備忘録という意味でも記載しておきます。

1

最終的な支払い関係

私たちはすべて個人予約で特にツアー会社を使ってませんでした。

ツアー会社をはさむ必要がなかったので、交渉もそのまま進めます。

とりあえずシェラトン・プリンセス・カイウラニはチェックアウトのときにリゾートフィーは自動ですべてなしになりました。

だいたい一泊33ドルぐらい。ただし、予約した際の見積もりにリゾートフィーが入ってないので、ある意味かわりがないといってもいいかもしれません。

ちなみにロイヤルハワイアンのキャンセルは電話ですぐでした。

SPGの日本語デスクは全然接続しないので、ロイヤルハワイアンに直接電話をしてストライキが理由なのでペナルティなし(違約金なし)でOKです。

そのあと、SPGのポイントとか無料宿泊であれば改めてSPGの日本語デスクに電話しないといけません。

 

ハウスキーピングはなし

とくにハウスキーピングはありません。チップを払う必要がないと思えばいいのかもしれません。

アメニティなど(バスタオル関連、歯磨き、コップ、ティッシュなど)は一階で取り放題?です。

水も何度もらっても怒られない雰囲気(そんな管理をする余裕はないのでしょう)という感じです。

チップ代がういたと思えば前向きに考えることもできるかもしれません。

 

オーシャンビュー側のホテルはうるさくて眠れない

本来は値段が高く人気のオーシャンビュー側は、通り側ということで2つのホテルのデモの音に悩まされました。

とくに鍋とかをたたくような打楽器系と、「One Job!」「Should be enough!!!!」の掛け声が強烈です。

早朝は7時ぐらいから、夜は22時ぐらいまで聞こえます。

1Fはロビーに音楽かかってたりするので、まだ紛れるのですが、部屋は相当に厳しい。

初日は疲れてたのでとりあえずそのまま頑張りましたが、翌日は静かそうな部屋(景色のよくない部屋)に変更してもらいました。

結構ボイラー音がうるさいので、なんともいえないところですが、全然マシ。

 

その他いろいろ

最終日はレストランでモーニングがでてました。

少しづつでも回復しているのでしょう。

ちなみにチェックインのときには一切ストライキについてのコメントはもらえませんでした。

事前に説明する努力をしてほしいなと思う次第。

スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする