伊豆マリオットホテル修善寺に2歳子連れで宿泊をした

【2019年12月】

今年の年末年始は伊豆マリオット修善寺に宿泊しました。前回は富士マリオット山中湖でしたが、全般的には伊豆が全体的にポイント高い気がします。

あっという間の一泊でした。

基本情報

カーナビセットでいつも電話番号入力が大切。

正式名称:伊豆マリオットホテル修善寺

住所:静岡県伊豆市大平1529

電話番号:0558-72-1311

URL:https://www.izu-marriott.com/access.html

周辺観光&施設

併設するラフォーレの施設も使用することができ、子供向けのキッズルームや体育館なども使用できるよう。私達は時間の都合あり、キッズルームだけしようしました。

車であれば修善寺駅にマックスバリュー(スーパー)とウェルシア(ドラッグストア)があるので、緊急時もすぐに対応できます。私達はこどものおむつが足りなくなってウェルシアに購入しに行きました。あまり便利とはいえませんが、一応シャトルバスもマリオット-修善寺駅の間で出ているので便利といえば便利。修善寺駅でご飯を食べて19時ぐらいのシャトルで戻ることができました。お酒飲めるし、ホテルで食べるよりは安くて満足度高いと思います。

車で少しいけば、列車好きな子供となら虹の郷でミニSLに乗ったりできますし、修善寺温泉周辺も歩いたら楽しそうでした。

チェックインから宿泊してみて

今回はレンタカーでやってきたので、ホテル前で荷物をおろして駐車場へ。目の前なのですぐです。あとホテルが以外と標高があるみたいで、気圧でペットボトルが少し形かわってました。チェックインはモバイルチェックインを済ましたつもりでしたが、何も変化なくいつもどおりのチェックインでした。たまたま温泉付きの部屋が空いてたようでアップグレードをいただきまして、案内をいただきました。

12222

部屋は「温泉付 スーペリア ツイン」かと思われます。ベランダにでると温泉があります。シャワーを浴びるにはベッドルームを通過しないといけないので、いわゆるお風呂に入るという目的では使いづらいかもしれません。温泉は温泉。

444333

普通にお風呂であれば大浴場が間違いないと思います。露天風呂などは特にないですが、十分です。時間があれば同じ敷地内のラフォーレホテルの温泉も使えるようで、そちらは温泉入れそうでした。

食べ物事情

朝食はマリオット修善寺でいただきました。夕飯はシャトルバスで也万波というお店で伊豆料理をいただきまして、もしホテル内でいただいたケースに比べるとかなりコスパがよかったんじゃないかなと思います。ホテル自体は山の上にありまして、事前に買いだめをしておくかしないと、正直厳しいと思います。

シャトルバスの時間を考えると子連れは夕飯が早くなりがちなので帰りのシャトルバスに間に合いますが、子連れでないとあっという間にシャトルバスの最終便を逃してしまう気がします。下記は2019年12月現在の時刻表。20時15分のバスは、金曜日だけ。。。

1222

ホテルでの食事は大きめのレストランがあり、まず並ぶようなことはないんじゃないかと思える広さでした。朝食のときも余裕で座ることができます。子連れにはベビーチェアなども出してくれるので非常に助かります。

54445

プラチナ会員などエリート保有者向けのラウンジは23時まで使用できる感じだったかと思います。ジュースやフルーツが常にとれるのはGOODでした。ビールは缶ビールがおいてあり、いつでも(日中でも)飲めるようになってました。夕方には簡単なカルパッチョなどもおいてありましたが、ここで夕飯とするのは、難しいかなという感想です。

133444

私達が行った日は土曜日でしたが二組ぐらいしか利用してなさそうで、基本的には入ると貸し切り状態でした。山中湖のマリオットは常に海外の方がいる感じでしたが、伊豆はそうでもないのかもしれません。

プール

プールは温泉プール。水着着用で温かいプールに入れます。いわゆる競技用のプールと異なり、リラックスするためのプール。子連れにはちょうど良いように感じました。ビート板も2つぐらいおいてありました。


Yummy

お部屋の露天風呂は昼間は足湯として浸かったりたくさん入浴することができました。ラフォーレの方もつかえたので、キッズスペースを利用しました。確かにラフォーレの方のキッズスペースが広々していましたが、空調が壊れていたり虫が多かったりしたので、マリオットのキッズルームのほうが安心できました。

Tammy

結構良い環境だと思いました。テニスとかもコートがあるのでできたりするんでしょうか。そこまで聞かなかったので次回機会があれば考えてみたいです。


スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする