竹富島で一泊二日過ごした

【2017年3月】

竹富島って石垣島から近いですから、フェリーですぐです。

一日目:

石垣島空港におりたち、バスに乗ります。

観光バスよろしく運転手さんの石垣島の案内を聞きながら、バスに揺られながら石垣島港ターミナルまで。

ちなみにバスに乗るときに、船の乗車券が安くなるチケットももらえた。

石垣島港ターミナル

2

予約しておいたチケットはここで買う。(事前予約はこちら)

予約番号とか聞かれるかと思ったが、自分の名前を言えば問題なく。

3

HPでの予約+バス割をもらってほんの少しお得に購入。

3

あとは、出発までの間にお昼を食べたりして待ちました。

このあたりで竹富島の宿である小浜荘に電話しておく。

ターミナル出たところには、食べ物屋さんがそれなりにあります。

5

乗船して20分ほどで竹富島に到着です。

竹富島到着

小浜荘のスタッフの方がお迎えにきてくれてる。荷物をつんで、すぐに小浜荘へ。

小浜荘のレビューはこちら。宿でレンタサイクルを借りて、夕飯の予約をして、

すぐに水牛車へ。新田観光に電話をしました。

新田観光

最初は土地勘がわからず、間違って別の水牛車を使っているとこに行ってしまった。

迷いながら、なんとか新田観光へ。新田観光での水牛車レビューはこちら

自転車で竹富島浜辺めぐり

新田観光で水牛をみたあとは自転車で島内を巡る

外周は楽だけど、中にはいると砂っぽい道は走りにくい場所も。

夕飯と夜の散歩

ガーデンあさひで食べることにしました。事前に小浜荘で予約をしてたので、すぐですね。

風邪もなく、街頭が光ってるぐらい。

ゆんたくやってるところあるかなぁと思ったけど、あまり感じなかった。

21

二日目:

朝起きたら朝ごはんを小浜荘でいただき、出発です。

グラスボードに行きたいと思っていたので、電話して予約していきました。

これも小浜荘だと割引があったので、ラッキー。

グラスボード

自転車でグラスボードのところに向かいます。

31

港のすぐのところにありました。ここは待ち合わせ場所です。

54

時間がくれば、すぐに乗れます。

この日は波も高くなく、穏やかで船酔いもせずに過ごせました。

お昼はたけのこ

お昼はソーキそばを食べにたけのこに

11時半ぐらいでしたが、それなりに混雑してて10分ぐらい待ちました。

ついでに、カフェにも行きました

そんなこんなで船の時間が迫ってきたので、帰宅です。

小浜荘に戻って、おばさんの車に載せてもらい、港まで。

到着すると、ちょうど出発時間で良かったです。

(ギリギリすぎて心配になった)


Yummy

綺麗な海と広い空とただ風を感じているだけで幸せな気持ちになれる場所でした。島内を自転車で廻れるコンパクトさも良かったです。景観保護地区ということもあり、古き良き沖縄というか異国に行ったようでした。食事もおいしかったし、のんびり楽しめました。

Tammy

竹富島、いいところでした。竹富町竹富島ということで、竹富町は必ずしも竹富島だけじゃないたんですね。そのあたりが不思議です。他の離島も竹富町。っそれにしても、これまでの旅行の中で、本当に原始的な沖縄を知ることができた大変素晴らしい機会だったと思います。一方で観光地化が大変されており、だからこそ成り立っているのだなと。次に行くときはもう少しゆっくり過ごしたいと思う次第です。


スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする